限られた日数で効率よく東京案内したいと考えると、〈アーツ千代田3331〉はお薦め。
秋葉原の電気街を抜けた場所にあるので、ルートを作りやすいし、常に何かのイベントをやっています。
閉校した中学校を使っているので、黒板や教室の面影もあって、それも喜んでもらえるはず。
あとは渋谷にある〈TORO〉。
長い海外生活から帰ってきて、変わらない魅力を感じたお店です。
ガラスケースの中のアイテムやカウンター横の壁のディスプレーが絶妙。
お店全体がフォーキーな雰囲気で、オーナーのセンスに感心させられます。
もう一軒は中目黒の〈シャンティーク〉。
フィッティングルームのカーテンなど細かいところも見逃せません。

BUNDAN COFFEE & BEER

日本近代文学館にあるカフェスペース。
約2万冊の書籍は、店内で自由に閲覧可能。
敷地内のゆったりとした時の流れに身を委ねて、コーヒーや読書を楽しめる。
「『ハードボイルド・ワンダーランド』の朝食セット」(¥1,000)や、「寺山」や「芥川」など作家の名を冠したコーヒーなど、文学作品に由来したメニュー。
隣接する旧前田侯爵邸和館とともに訪れるのが、紺野さんのお薦めコース。
東京都目黒区駒場4-3-55 (日本近代文学館内)

 

ル・ペスペ

フラワーコーディネーターとして活躍する店主が、1997年に始めた人気の花屋。
六本木通りから一本入った裏道に、うっそうとしたグリーンに覆われ、隠れ家のように佇む店。
アンティークの什器を多用し、色とりどりの花たちを、ガラスケースではなくガラスの花瓶やコップにディスプレー、まるでパリの花屋さんのよう。
暮らしの中のあらゆるシーンの花を想定し、花を贈る人、贈られる人を思い浮かべながら、その時々の旬なアレンジをしてくれる。

 

■大きな動画で風俗をチェック!
風俗動画

 
 

■大阪国際平和センターで世界と風俗の安全を願う!
大阪の風俗で遊びたい

 

■東京の風俗で遊んでみたい
東京の風俗はこちら