Monthly Archives: 3月 2015

大阪と相撲

大阪と相撲

相撲の後援者、ひいき筋を意味する言葉は、大阪の地名に由来するといわれています。
その地名は谷町です。
大阪の冬の風物詩としても知られている大阪国際女子マラソンは、1982年(昭和57年)に大阪女子マラソンとして始まり、オリンピック代表選手選考などを兼ねた熱いレースが毎年繰り広げられます。
このレースのスタートとゴールになる施設は長居陸上競技場です。
大相撲の後援者を「タニマチ」と呼んでいる。
その語源には諸説あるが、大阪市中央区の「谷町」に由来するとされる。
一説には、明治時代の末、谷町筋にいた相撲贔屓の歯科医師が力士から治療費を取らず、飲食の世話までしたという逸話によっているともいわれる。
40大阪国際女子マラソンは、日本陸上競技連盟が主催する大会で、毎年1月下旬に行われる。
がってのコースは、長居陸上競技場をスタートし、湯里6丁目一大池橋一勝山4丁目一森ノ宮駅前一馬場町一天満橋一市役所前一新橋(御堂筋)を折り返し、長居公園にゴールするものであった。
復路の25km過ぎに大阪城公園内の急坂かおり、高速マラソンには不利なコースであった。
そこで2011年の大会から、往路を森ノ宮駅前から北上してOBP(大阪ビジネスパーク)を通るように変更し、折り返し点を御堂筋の道頓堀橋南詰にまで延ばし、復路の急坂を避けて公園内の東端を通るコースとした。
このことで、高低差の難点も解消し、より都会的なコースとなった。

大阪とプロ野球

大阪とプロ野球

大阪のプロ野球は1988年(昭和63年)に再編が進み、南海ホークスはダイエーに、阪急ブレーブスはオリエント・リース(現オリックス)に譲渡されました。
この時の南海ホークスの本拠地は現在、複合商業施設「なんばパークス」に生まれ変わっていますが、施設内には当時の証として上の写真のようなホームベースのプレートが埋め込まれています。
なんばパークスが置かれる前に存在した球場の名称は大阪スタヂアム(大阪球場)。
なんばパークスのある場所には、かつて南海ホークスのホームグラウンドであった大阪スタヂアム(大阪球場)があった。
この地は、江戸時代には幕府の米蔵(難波御蔵)が置かれていたが、明治後期に煙草専売局の工場が設置され、第二次世界大戦後、その跡地に大阪スタヂアムが建設されるに至った。
南海の本拠地であるが、近鉄パールスや洋松ロビンズが使用したこともあった。
建築家・坂倉準三の設計で、両翼84m(のち91.5mまで拡張)、中堅115.8m、急傾斜のスタンドを持つ。
のちに、球場内外に卓球場、場外馬券売場、ボーリング場などもできた。
南海の譲渡後は、近鉄バファローズが試合を行っていたが、その後、長らく住宅展示場になっていた。

大阪とテレビ

大阪とテレビ

大阪でテレビ放送が始まった1954年(昭和29年)に、「テレビカー」と呼ばれる右の写真のテレビ付き特急電車が誕生しました。
2013年(平成25年)3月31[]、59年の歴史に幕を下ろしたこの車両を運行していた企業は京阪電気鉄道。
1954年(昭和29)、京阪電鉄では特急列車1800系の京都側先頭車両に、松下電器産業(現パナソニック)製の白黒テレビを設置した。
日本初のテレビカーは関東の京成電鉄とされるが、1960年代には廃止されたため、テレビカーは京阪の独壇場となり、「テレビカー」の名称も京阪の登録商標になっている。
1800系は、快適な2人掛けクロスシートが採用されていたが、テレビカーもサービス向上の一環であった。
1971年(昭和46)には、特急車両に3000系が導入された。
冷房装置を完備し、カラーテレビを備えた車両で、テレビカーの代名詞となった。
放送はNHKなどを受信し、時には野球中継も流れた。
しかし時代が移り、車内でテレビを視聴する需要も薄れたため、新型特急8000系のテレビカーは2012年に廃止された。
そして、最後に残った旧3000系の1編成も2013年3月をもって引退した。