風俗初心者を叱る

風俗初心者を叱る

東京では、何の情報もなくふらついて探せる店はごく一部と思っておこう。
「渋谷は、マンションの中に入っている店が多いんだから、突然行ったって、わかるはずがないじやないか」と私は風俗初心者を叱り続けた。
渋谷に限らず、池袋もこういう店が主流だ。大阪でも、新大阪、日本橋、大国町などでは、看
板の出てない店が多いため、事前調査は不可欠なのだ。
何度か行ったことのある店でさえ、マンションの何号室かわからなくなって迷うことがある。
私は常に会員カードを持ち歩いているから、それを見て電話をすればよく、あるいは知り合いの
編集者らに電話して調べてもらえばいいだけだが、初めて行く人は、予約は入れずとも、電話番
号くらい控えておかないと店に辿り着けない。

店名を調べるだけじゃなく、予約電話、確認電話を入れてから遊びに行こう。
「そうなんですか。松沢さんに聞いてから行けばよかった。でも、なんか急にそういう気にな
ったものだから」と風俗初心者。
直接聞かなくても、私はそういう原稿をたくさん書いているのだから、しっかり読んでくれよ、
風俗初心者。しかし、風俗初心者は普段そういうところに行く気などないから、私の本も読みはしない。こう
いう人がいいカモになる。
風俗初心者は、ボッタクリ店の存在くらいは知っているため、聞いたこともない店に入るのは気が引
けて、また、「クリスタル」や「現代から未来」といった老舗ヘルスのある一角を知らなかった
ため、渋谷を早々に諦め、歌舞伎町に移動した。夜の十時過ぎのことである。歌舞伎町で飲むこ
との多い風俗初心者は、あちらには風俗店がたくさんあるので、店を選びやすいと思ったのだ。
バカである。

Comments are closed.